目の下のたるみは手術で解消しよう~バシッと悩み解消~

若返りが可能です

レディー

目の下のたるみの手術は需要が高まっています。その理由の一つとして、ダウンタイムが少ないことや傷跡が残らないことなどが挙げられます。従来の方法に比べて格段に抵抗が少なくなり、敷居も下がった傾向です。今後も需要は衰えることがないでしょう。

もっと見る

目元を綺麗に保つ

顔の手入れ

美容整形の手術によって目の下のたるみを解消したい場合には、医師の腕前ももちろんですが、きちんと意見を言い合える性格の相性も重要です。医師探しについての注意点と、手術以外で目の下のたるみを解消・予防するためのポイントを把握しておきましょう。

もっと見る

印象を左右する場所

フェイス

加齢や筋力低下でおこる

男女を問わず、目の下にたるみがあると疲れている印象を与えたり、老けて見えたりしてしまうものです。目の下がたるんでしまう原因はさまざまです。年齢と共にお肌のコラーゲンやヒアルロン酸などが減少し、ハリが減少して皮膚がたるんでしまう場合や、目の周りの筋肉が衰え、脂肪を支えられなくなりたるんでしまう場合もあります。また年齢に関わらず、近年はパソコンやスマートフォンの使用頻度が増加し、誰しも目を使いすぎる傾向にあります。長時間集中して画面を見続けると、まばたきの回数が少なくなり、目の周りの筋力低下に繋がりたるみやすくなります。目の下のたるみを改善するにはコラーゲンやヒアルロン酸などを体の内外から補い、目の周りの筋力トレーニングを行うなどのケアが必要です。

ホームケアで改善しない時

ホームケアでは成果がみられないような重度の目の下のたるみは、美容外科などで手術をして改善する方法もあります。目の下のたるみの原因が脂肪である場合、切開手術をせずに脂肪を取り除く方法があります。これは目の裏に小さい穴をあけて脂肪を取り除く方法で、皮膚の表面に傷がつくことがありません。局所麻酔で短時間の手術なので日帰りで行うことができます。脂肪に加えて皮膚のたるみもある場合は、切開手術を行い、たるみを除去する方法が効果的です。切開する場所は最も傷の治りやすい下まつげの生え際ですから傷跡はほぼ残りません。手術を検討する場合は、クリニック選びが重要になります。どのような手術を行うにしても、満足のいく仕上がりを手に入れるためには、経験豊富で確かな技術のある医師が在籍しているクリニックを選びましょう。そして事前のカウンセリングで不安に思うことはきっちり解消しておくことが大切です。

ハリのある目元に

スキンケア

肌質が低下している場合には皮膚の切除で、皮下脂肪が増えている場合にはそれを抜き取ることで、目の下のたるみは解消できます。どちらの手術も、傷跡が目立ちにくいため需要が高まっています。ただし再発を防ぐためには、まぶたの筋肉を使ったり、スキンケアをしたり、脂肪分の摂取を控えたりすることが大事です。

もっと見る